いととはり itotohari8.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

suzuの手づくりと植物とお茶


by suzu
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 05月 11日 ( 1 )



昨日の雨降り&涼しさが嘘のように晴れ渡っております!晴天なり〜(*^^*)
気温も28℃くらいまで上がるとか、、、ちと暑いなっ‼︎

先日UPした「ケルトと日本」と一緒に購入した本をUPしておきます。
2年前から目をつけていたhirokoさんの「ねこ刺繍」本がやっと手元にやって来ました。
もう〜可愛いいのなんのって!!╰(*´︶`*)╯♡

b0349795_10130297.jpg

b0349795_10130577.jpg
トラ猫ちゃんの刺繍がお気に入り♪




これは以前文庫本で読んだような記憶がありますが…ケース入りのハードカバー本を見つけたので購入。
米沢藩の救世主、上杉鷹山公のお話です。。。

b0349795_10130083.jpg


ーーーーーーーーーー どうでもいい一人言 ーーーーーーーーーー
本当かどうかわかりませんが、、、
実家のご先祖様は元は武士だったが農民(百姓)になったと言われてます。刀のさやだけは残っていたとか…。そこそこ古い家系らしいんだが家系図をお寺に預けていたがためお寺の火事で(大正時代)寺ごと灰になったらしい…。
遡り300年前位からのことはよく話に聞くが、それ以前のことを知る人は誰もいない。本当はそれ以前の実家の歴史を知りたいのだが…。ただ語られているのは○○家はお家存続危機にあったらしく家を継ぐものがおらず婿に入ったのが一応1代目となっているらしい…と云うことは本当の○○家の血筋は一度消えたって事⁈いやいや1代目は婿に入ったんだから娘(妻)は居たはずよね〜それなのに1代目っておかしくないか?とかいろいろ思うのだが…婿に入った1代目の意地でそうなったのか?それもその1代目のご先祖はお寺の親戚の者らしい…○○家存続の危機にどうしても無くしていけない大切な家だからという事でお寺の考えで寺側の親戚筋から適当な者がいたので○○家に入れた…と云う話らしいんだが…ようわかかん(ー ー;)
そして300年経った今また○○家の存続の危機‼︎誰も継ぐ者おらず、、、まぁ、どのみち何れ消える運命だったんだろうと思うしかない。。。



[PR]
by itotohari | 2017-05-11 11:43 | 音楽・本・雑誌 | Comments(2)