いととはり itotohari8.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

suzuの手づくりと植物とお茶


by suzu
プロフィールを見る
画像一覧

常用字解 第二版 白川静


Amazonに注文していた本が届いた。本というより漢和辞典のような物。
白川先生の「字通」をコンパクトにまとめたような…持ち運びが楽な仕様になっている。
白川先生の本を見ていると思い出す…小中高と漢字は大嫌いだった。でも漢和辞典を眺めているのは面白かった。昔の金文・篆文の文字がとても気になっていた。そして図説と言っていいのかな?中に出てくる絵も好きだった。
これには図説は無いが、字が大きく金文・篆文が比較的みやすい。


b0349795_15144974.jpg

さっそく「太」を…
b0349795_15262774.jpg
金文・篆文を見るのも面白い…。

今じゃなくていい…習い事は苦手だが近い将来『篆書・篆刻』を習えたらなぁ〜と思っている。
それから白川静の本も徐々に揃えて行きたい。。。



[PR]
# by itotohari | 2017-06-02 16:01 | 音楽・本・雑誌 | Comments(2)

西洋紫陽花と柏葉紫陽花


ああぁ…今日も暑い!(ー ー;)あまり「暑い」と言わないようにしようと思っているがぁ〜暑い‼︎

アナベルと柏葉紫陽花を撮ってみた。。。
☆西洋紫陽花アナベル(アメリカノリノキ)
b0349795_09412760.jpg
今年のアナベルで1番大きいヤツ。この他小さいものが2本。計たったの3本。今年花数少ないな…。まぁ、枯れないでいてくれればいいや!




☆柏葉紫陽花スノーフレーク
b0349795_09412447.jpg
柏葉紫陽花も皆外を向いているので写真撮りづらい‼︎
昨日投稿のコメント蘭でも言いましたが、紫陽花の剪定のやり方が全く分からず放置しておりましたらば…花数は増えるものの年々花房が小さくなってきた。長〜い房咲きがウリのスノーフレークなのに、今年は真丸の房が多い(ー ー;;)汗々
そしてもう1つの柏葉紫陽花ハーモニーはお陀仏になりました(T ^ T)どうしてだろう???原因が全く解らない‼︎芽吹きそして花芽まで出していたのに‼︎はぁ〜〜




ライムの赤ちゃんが…ああぁ…覚悟はしていたが、やっぱり凹む‼︎(T ^ T)
☆ライムの生理落果
b0349795_09412943.jpg
ちょっと触れただけ風が吹いただけでボロボロと…悲しい。。。



[PR]
# by itotohari | 2017-06-02 10:06 | 植物 | Comments(4)

早いもので今日から6月ですね、、、(ー ー;)
6月といえば梅雨入りそして紫陽花ですね〜我が家の紫陽花もどんどん咲き出してきました。
柏葉紫陽花はだいぶ咲き揃い白い房状態に。アナベルの蕾もそこそこ大きくなってきましたが、何せ奥ぅ〜〜に置いてあるものだから写真が撮れない(>_<)ですので今日はスターバーストだけを。。。

☆ヘイズ スターバースト(八重咲きアナベル)
b0349795_15204354.jpg

b0349795_15204550.jpg
毎年言ってますが…この子は台形のような四角になるのよね〜不思議だわ!




☆タヒチ ライム
b0349795_15204809.jpg

b0349795_15204719.jpg
たくさんあるライム幼実の中に1つだけ大きくなっている実を発見!他はだいたい5mm程度なのに…この子は8mmくらいはある。アレかな⁈幹に近いぶん栄養の届きがいいのかしら(^^;;




☆富良野ブルー ラベンダー
b0349795_15205228.jpg

b0349795_15205066.jpg
適当な紙がなく、近くにあったTVBros(^^;;

富良野ブルーも早々に切ってしまいました。もう2、3日眺めてからカットしようかと考えていましたが、半分咲きくらいが1番香りが強い…と言っていたフランスのラベンダー農家さんの言葉を思い出したので。
見れば見る程、青味が濃くイイ色です(*^^*)v。この先もずぅ〜っとこの色を持続して欲しい。。。



[PR]
# by itotohari | 2017-06-01 16:14 | 植物 | Comments(4)

今日も暑い。昨日ほどではないが…最高気温29℃のようだ。。。

1週間前になるかな⁈ベルガモットの葉っぱを押し花にしてみたの…↓こんな感じになった。何だか…思ったような仕上がりにならなかった(ー ー;)これ又ふまぁ〜ん。。。

b0349795_14300467.jpg

押しが足りなかったようで皺々です。そして1番大切な香りが・・・しない‼︎(>_<)てな訳でもう葉っぱの押し花はやらない。
押し花っていうかぁ〜プチグレンの香り付き栞を作ろうとしたんですがね、理想とする仕上がりにはなりませんでした。きっと粉々にチギレば香りが出てくるのでしょうが…それじゃ栞にならないし(^^;;汗々。いいの、いいの、やってみたかっただけだから。

ーーーーーーーーーー ここからは独り言 ーーーーーーーーーー

我が家でベルガモットバロチンとタヒチライムの苗木を迎い入れたのは2014年でした。その3年前頃からじつは夢中でベルガモットの事を調べていたしそれと同時に苗木も探していた。その頃はまだ苗木を販売されているshopは選べるほど幾つかありました。
ベルガモットは基本地植え向きですが初めの4〜5年間迄なら鉢植えでも楽しめるとあったので購入を決めベルガモットと一緒にコンパクトななりのタヒチライムと迎え入れました。そして翌年からライムは花を咲かせ結実してくれましたが、肝心要のベルガモットの方は葉ばかりが茂り花を咲かせる兆しもなく…その翌年も同じだった。その上謎の虫被害にもあい…流石にこれはハズレか⁈と思い、それでもう一度ベルガモットバロチンの苗木を探し始め再注文しようとしたのですが、おかしな事に苗木を扱っているshopが極端に減っている事に気付いた。値段設定も以前より高めになっているし…それに前回利用したお店に至っては消えていた…「何か変ね?」と思いあっちこっちネットサーフィンしていて…その内その訳が解った!どうやら柑橘栽培に適してる温暖な地域(数カ所)で新プロジェクトとしてベルガモット栽培をはじめられたようです。それで一斉に国内のベルガモット苗木を買占められたようで…そんな訳で此処数年一般向けの苗木販売数が減っていたようだ。国内産のベルガモット生産量が増えるのは大変嬉しい事ですが、買占めはいかんでしょう!とちょっと思った(^^;;まぁ、幸いにもウチのベルガモットはハズレなどでは無く今年開花&結実してくれそうなので再注文しなくてよかったですが。結果お〜らい(*^^*)v。
きっとスーパーなどで手軽にベルガモット果実を買える日が来るのかなぁ〜と想像したり、それと同時に国産の高品質のベルガモットオレンジ精油(EO)も買えたりするのかな⁈…ちょっと楽しみ♪♪♪


[PR]
# by itotohari | 2017-05-31 16:05 | 植物 | Comments(2)

ふぅ〜〜今日も暑いです!!只今31℃。
この暑さにだいぶ身体が慣れてきたように思う。。。と言いながらエアコンをガンガン稼働させている(^^;;エヘヘヘへ

嬉しいことにベルガモットが徐々に徐々に膨らんできているような、、、
☆ベルガモット バロチン
b0349795_13052586.jpg

b0349795_13045566.jpg

b0349795_13045730.jpg
ベルガモット幼実に紙風船にある様な縦線?筋が見えだしてきた!これはベルガモット特有の筋らしい…そして額(ヘタ)と果実の隙間が目立たなくなってきた。それだけ果実が膨らんだってことでしょうか⁈(*^^*)v。



☆タヒチ ライム
b0349795_13052700.jpg
ライム幼実のメジベ突起は全部落下した。こ〜んな幼実が沢山あるにはあるが…膨らみはまだ無いというかぁ〜成長が止まった感じがする(ー ー;)はたしてこの後どうなるやら。。。




☆柏葉紫陽花スノーフレーク
b0349795_13045160.jpg

b0349795_13045320.jpg

b0349795_13042046.jpg
スノーフレークがどんどん咲き出してきてます♪イイ調子。イイ調子。梅雨入り前に咲いてしまわないと腐ってしまうからね!




☆富良野ブルー ラベンダー
b0349795_13040795.jpg
このラベンダーは本当にイイ色(*^^*)v。
来春3月頃に忘れずに挿し木しようと思う。一応今秋にもやってみるつもりではいるが…此処では秋挿しに成功した試しが無い(ー ー;)
ラベンダーやローズマリーはどうした訳か?元気そうに見えても急に枯れちゃうのよね‼︎(>_<)その予防と保険の意味で常に挿し木で増やしておいた方が良さそうだ。



[PR]
# by itotohari | 2017-05-30 13:41 | 植物 | Comments(4)

ラベンダーでおもう…


ベランダにあるアロマティコブルーがそろそろ花も終わりとみたので全部カットした。水でじゃぶじゃぶ洗い只今乾燥中〜。コレでリン酢を仕込むつもりだが穂先を見て「あれ⁈」と全体的に色が薄いことに気づく。親株(とっくに枯れた)は確かに青紫の濃い色目だった…挿し木苗だからといって色が薄くなるなんて聞いたことないし…肥料の問題だろうか?先祖返り?雑交?よくわからない…不思議だ。。。
アロマティコブルーと富良野ブルーは「瓜二つ」ってくらい見分けつかないほどそっくりだったのに‼︎(ー ー;)ふまぁ〜ん。。。

b0349795_13425669.jpg


☆先日UPさせた富良野ブルー(画像流用)
b0349795_11004273.jpg
このラベンダーも、そうね〜あと1週間もするとリン酢行きかしらぁ〜(*^^*)♪

※追記:『リン酢』とは、石鹸シャンプー用のリンスのこと。


[PR]
# by itotohari | 2017-05-29 14:08 | 植物 | Comments(2)

昨夜はイヴリー・ギトリス ヴァイオリンリサイタルを聴きに紀尾井ホールまで出掛けてきました。
生のクラシック系はとっても久しぶり。(14〜15年ぶり位)
「ステージに居ること自体が奇跡」と言われている方で恩とし95歳とか…もうそれだけで「ひぇ〜‼︎」(^^;;
オットは以前から知っているらしく、しきりに「ステージが面白いから」と言っていた。
場所はホテルニューオータニの向かいに在る『紀尾井ホール』このホールは今回が初めてでこじんまりとしたホールで内装が木製調で良い感じでした。

b0349795_17403585.jpg

b0349795_17405254.jpg

b0349795_17420268.jpg
ホテルニューオータニ


b0349795_17413339.jpg
天上の↑このシャンデリアの形が妙ぉ〜にツボだった(^^;;(心の声:蒸留器に似てる‼︎)


b0349795_17401335.jpg
演奏の時は椅子に座っての演奏。。。


b0349795_17401454.jpg

右側の方が今回のピアニストのイタマール・ゴランさん。
この方がイヴリー先生の世話女房的なフォローをしている感じでした(^^;; お二方のコントめいた遣り取りも楽しかった。
最初の1曲目は聞き覚えの無い曲で素人耳でもだいぶ音外しているぅ…と思いましたが、2曲、3曲と進むにつれ調子が出てきたか、段々と「おおお…‼︎」と思うようなテクニックをちょいちょい披露してくれました。
この日、最終日だったのかちょっと分かりませんが、イヴリー先生とても機嫌がよろしかったようで何度も何度もアンコールで演奏してくれました。19時に始まり、終わったのが21時20分ごろ。間に休憩時間20分ありましたが、演奏時間は正味2時間くらいはあった様に思う。この後イヴリー先生寝込んでしまわないか余計な心配してしまいました…(^^;;笑

曲目は一応↓この様な感じ(オットからの情報なので少々あやしいが)
b0349795_18550666.jpg

[PR]
# by itotohari | 2017-05-28 18:36 | 音楽・本・雑誌 | Comments(2)

昨日はとっても肌寒い感じでしたが、今日は24℃と丁度良い(*^^*)v。♪

ラベンダーの富良野ブルーが咲き出しました!!
この濃い紫色・・・なんとも言えないくらい大好きな色♪

☆富良野ブルー ラベンダー
b0349795_11004273.jpg

b0349795_11010492.jpg



そしてこちら水挿しから発根し鉢に植えたもの。だいぶモヤシ状態ですが…なんとか花を咲かせていました。

☆センテッド ローズゼラニウム
b0349795_11012552.jpg

今夜はちょいとお出掛け、、うふふふふ…♪( ´θ`)ノ


[PR]
# by itotohari | 2017-05-27 11:19 | 植物 | Comments(2)

嵯峨天皇繋がり?!


またしても名前の「太郎・タロウ」が気になり…調べていましたら凄いことが分かっちゃいました!!
何とあのブラック政治家の麻○太○と松○聖○は祖先が同じ遠い親戚だったんですね〜ご存知でたか⁈
私どちらもイケ好かぬ方なのでどうでもいいのですが、ちょっとびっくりでした。
太郎という名は一般的には長子・長男につける名前とあり「嵯峨天皇が第一皇子の幼名に命名したのが初見」とありました。この嵯峨天皇の子のなかに源融という人物がいるのですが、この源融があの有名な源氏物語の主人公・恋多き光源氏のモデルになった人物と言われてます。少々話し飛びますが、嵯峨源氏一族の中に蒲池家があるのですが…そこでピンときたのがそう「松○聖○」(蒲池○子)確かこの方大変なお家の子孫と言われていたっけ…と思いだす。さすが光源氏の子孫だけありますね〜現代女版の光源氏といった感じ。確か…芸名はゾロアスター教の最高神アフラ・マズダーからとったとかなんとか⁈笑(噂です)
そして残念ながら若くしてお亡くなりになったZARDの坂井泉水さんと松○聖○はご親戚といったような噂がありましたよね…でもあまりにも遠いので親戚とはいわないらしいのですが祖先は同じらしい。。。そして麻○太○の祖先も遡ればどうやらこの嵯峨天皇にいきつくらしい…なんともまぁ〜やっぱりそうかと思う世の中です(ー ー;)
結局のところ世の中を動かしている芸能・大企業・裏企業・政治界(天皇家も)というところはこうしたお家繋がり血縁関係で出来ているのでしょう。。。ああぁ〜〜やだ!やだ!あたしゃ〜かかわりたくありません。心配せんでも大丈夫‼︎関わり合いたいと思ってもあちらの世界には一生縁がございませんからぁ〜〜アハハハハ
ちょっと長いですが↑コレらをまとめている記事がありました。ご参考までに…。←画像もお借りしました。

b0349795_22321734.png
<嵯峨天皇>

少し前にこんな言葉を見つけました。

獰猛(どうもう)な 虎の尾を 踏むには それなりの 覚悟と 準備が 必要なのである。

あたしゃ〜覚悟も準備もありませんのでこのへんにしておきます。。。

※pm22:37 画像追加。



[PR]
# by itotohari | 2017-05-26 15:01 | あやしい世界 | Comments(2)

遥か20年昔、紅茶Earl Greyに出会い恋い焦がれていたベルガモット バロチン オレンジが…ほぉ〜ら、そこまできている?!:*+.\(( °ω° ))/.:+只今ワクワクドキドキがぁ…!!(だいぶ気が早いですが。汗々)
花は十数コ咲いてくれました…が花弁もろともポロんと取れてしまったものや、雌しべ先端が(突起)早々に取れてしまったり育ってない感じのものが多く、そんな中唯一いけそうなのが↓この3つ。まだまだ油断なりませんが、、、

b0349795_11170343.jpg

b0349795_11170102.jpg
両サイドの小さいものは↑おそらくダメでしょう…(ー ー;)


b0349795_11165989.jpg
(幼実の大きさは10mmほど)

先にライムを2年間観察して来ましたので…なんとなぁ〜くですが結実の有無が判るようになって来ました(*^^*)v。(←グレーハンドでも少しは進歩している)
果樹物と言ったらいいのか…鉢植えでの実のなる木は、開花からの水やりに注意する必要がある…と何処かで読んだ記憶がある。ちょっとでも水切れをさせると途端に結実しなくなる‼︎コレはオリーブでの経験ですが、柑橘でも同じことが言えるのでは…と思い出しました。鉢植えでの管理は水やりのタイミングが本当に大変というか〜難しい(ー ー;)
ベルガモットバロチン(オレンジ)を個人で育てておられる方が少なく情報も少ないようで…私の拙い観察をUPしておきます。。。



[PR]
# by itotohari | 2017-05-24 11:48 | 植物 | Comments(4)